世界の知ってほしい事

ディズニーの都市伝説30連発!呪いの指輪や魔法のチケットの秘密!

誰もが知っている夢の国「東京ディズニーリゾート」。

ここには言い伝えや秘密などの

都市伝説的な話がたくさんあるんです。

知っておくと今までと違う楽しみ方ができる!

…かもしれない都市伝説を、

全然検証しない感じで集めてみました。
もしこれを見てディズニーが嫌いになってしまうと困るので、

最初に言っておきますが

「信じるか信じないかはあなた次第です!」

某番組でも言っているように

「都市伝説」という名の「噂話」なので

ハピネスな都市伝説だけは信じちゃいませんか?!

1.地下には巨大カジノがある!?

東京ディズニーランド

東京ディズニーランド

クリーンな印象の夢の国、

TDRの地下深くに、

巨大な秘密カジノがあるというウワサがあります。

何でもこのカジノは特別に許された

VIPや会員しか利用できず、

一般の人には存在自体が機密扱いなんだとか。

世界中から有名人が訪れて

巨額の賭けが行われているそうです。

口外せずに秘密を守って、

夜な夜な大人の遊びをする

セレブたちが集っているそうですよ。

ちなみにここにはバニーガールならぬ

マウスガールとよばれる

セクシーなお姉さんたちがいるそうです。

日本では賭け事が禁止されているため、

カジノと言えば外国のイメージが強いですが、

まさかTDRに巨大なカジノがあったとしたら…

と想像してしまいますね。

子どもも楽しめるディズニーのイメージとは程遠いですが、

ある意味大人にとっては”夢の世界”かもしれません。

2.会員制レストラン「クラブ33」に潜入できる!?

東京ディズニーランド(以下TDL)にある、

非公式の会員制レストラン

「クラブ33」。

一般のゲストは入店できないレストランで、

TDLではタブーのはずのアルコールも楽しめるんだそう。

本来はウォルトディズニーが接待をするためにできたレストランですが、

ディズニーの死後、会員制レストランになりました。

ここで食事をするためには会員になるしかありませんが、

すでに会員になっている人の招待が必要なんです。

会員は大体スポンサー企業の重役クラス。

人数も約500名と極わずかなので招待を受けるのも難しい。
しかも万が一招待されても、

会員になる順番は14年先になるほど順番待ちとか。

14年だろうと30年だろうと、

そもそも会員の知り合いなんていないし!

という方に朗報。

JCBのブラックカード

「JCB THE CLASS」

を持ちましょう。

このカード、年に一回カード保持者へのプレゼントとして

カタログが送られてくるのです。

なんとそのカタログで、

「TDLパスポートペア&クラブ33のランチご招待」

を選べるんです!

…ちなみにこのカードの年会費は52500円。

まずはJCBゴールドカードの取得から

始めなければいけませんが、

高いと見るか安いと見るかはあなだ次第です。

ちなみに「JCB THE CLASS」は、

審査基準が年収1200万円以上、

JCBカード歴3年など高いのも事実。

実際はもっと基準が緩和されることもありますが、

ちょっぴりハードルは高いかもしれません。

しかし、クラブ33に入れると特別なお土産も買えるみたいですよ。

ディズニー好きなら何としても取得したいですね。

3.「イッツ・ア・スモールワールド」に奇妙な男の子がいる!?

 

せ~かい~はひ~とつ~♪

ディズニーランド開園当初からある

「イッツアスモールワールド」。

世界各国の子供達の人形が歌い踊る

”和み系”アトラクションですね。

でもこのアトラクションにはちっとも和めない、

ある噂が付きまとっているんです。

それは、アトラクション終盤で時々

「ピノキオの人形を抱えた男の子」

が佇んでいること。

その男の子は人形とも

人間ともつかないような奇妙な存在感で、

うつむきがちに佇んでいるとか。

そしてその男の子を見てしまった人は

アトラクション出口で

「また来てね…」

と子供の声のささやきを耳にするそうです…。

なんとも怖い都市伝説ですね。

その少年はこの世の人ではないのかも…。

ただ、このいわくつきの「イッツアスモールワールド」は、

今後の開発計画によってなくなる、

もしくは移転する可能性があるとも言われているそうです。 

※次のページへ

  

最近の投稿